Greeting

代表のあいさつ

代表取締役社長

「お客様の向こうにいるお客様が喜ぶ仕事を。」

「三人の石工」というお話があります。「あなたは何の仕事をしているのか?」と尋ねると、一人は「石を積んでいる」と答え、一人は「崩れないよう頑丈に積んでいる」と答え、最後は「先祖に祈りを捧げる神聖な教会を作っている」と答えました。仕事に対する目的の違いについて考えさせられる寓話です。

わたしたち材光工務店のお客様は、住宅・工場・商業施設・医療施設・行政施設など、様々な方々がいらっしゃいます。良い建築とは、図面どおり、予算通りに正確に仕上げることはもちろんですが、もっと大切なことは、建物を使う人にとって良い空間かどうかです。

レストランに食べに来る人、学校で学ぶ学生、病院にくる患者さん、家に住む家族。私達は使う人が喜んでくれる建物を作ることに努力をしたいと考えています。そうした視点で技術を磨くことが地域や世の中への貢献に繋がると信じています。

弊社は平成三十年で創業百年を迎えました。大正七年から続く建築屋の心をこれからも大事に守り、お客様の未来に貢献できるよう、挑戦を続けてまいりたいと思います。

代表取締役社長