机上での話をいかに具体的に感じて頂けるかを意識して

STAFF INTERVIEW

建設業で働こうと思ったきっかけを教えてください

元々工学部志望で、両親に勧められたのがきっかけです。
私のおむつを替えてくれていた父の友人が、建築設計事務所をされていたのをみていて、あこがれもあって、建築なら設計がしたいと思いました。

普段、どういったお仕事をされていますか?

まだ何もない敷地、またすでに建築されている建物の測量からはじまり、お客様との打合せに基づいた設計図の作成を主としています。
また、各方面の行政照会や法チェックも行っています。工事着工後の監理業務も行っています。

お仕事で、気をつけていることや、一番大切にしていることはありますか。

お客様の財産を守るべく大きな視野、小さな視点で目配りするよう心がけています。
大局的に掴まないと物事の詳細は詰めていけないと感じています。
また紙面、机上での話は具体性に欠けるので、いかに具体的に感じていただけるかを意識しています。

このお仕事で一番やりがいを感じる時はどんな時ですか?

当初困難かと思っていた案件について、法的にすべて満足させ、工事着工可能となったときは爽快です。
そして、やはり完成時に見る根付いた建築物を眺めた時には感動します。
更にお客様からリピートをいただいたときは全て報われたように思い、やりがいを感じます。

材光工務店での印象に残るエピソードをきかせてください

ミスをしたとき、そのフォローのために現場監督の皆さんが駆けつけて助けてくれた時のことは今でも感謝しています。
神奈川県や栃木県など、遠方での設計業務をし、無事完成したことも印象に残っています。
エピソードは沢山あります。

今後の目標について教えてください

お客様の疑問、質問に可能な限り素早く応えていけるよう努力し学習していきたい、新しいことを拒否することなく受け入れていこうと思っています。
プライベートでは、大好きな玉ねぎを自分で作ってみたいと思っています。
公私ともに、何事にも柔軟でありたい。。。

OTHER STAFF

材光工務店では一緒に働く
シティーマイスターを募集しています。

応募エントリー - Recruit - 採用・求人に関するお問い合わせ