本文へスキップ

新築 増築 改築 耐震 造園 不動産 テナント 総合請負業の私たちにお任せください

TEL.0749-62-5170

〒526-0031 滋賀県長浜市八幡東町428-1

改良土プラントIMPROVED SOIL PLANT

大清水改良土センター

埋立地にドンドンと捨てられる現状を改善。
当社は新しい事業として大清水改良土センターを平成18年より展開しました。
工事現場にて発生する建設発生土に、当社コンクリートプラントにて製造した再生骨材(RC材)を混合し、土質改良機にて、石灰、石膏を添加し、改良土を製造します。

利用申込書

◆ 受入前の事前連絡をお願いします。

当プラントをご利用される方は「利用申込書」に必要事項を記入の上、ご提示ください。
申込書が無い場合、受入をお断りする事がありますのでご注意ください


「利用申込書」ダウンロード

汚染の可能性があると思われる土壌については、受け入れることができませんので、その際はご了承願います。しかし、土壌汚染対策法に基づく土壌汚染状況調査に準じた試験を実施した結果、汚染がないとの判断(土壌環境基準値内)が明確な場合(証明書など必要)は受け入れることができます。

価格

販売価格
 1t :80円(税別) 価格は取引量によりご相談いたします。

受入価格
 改良土センターへお問い合わせ下さい

 TEL. 0749-58-8053

当プラント併設のトラックスケールにて重量を測り、金額をご提示致します。
当社規定の受入手順に準じていないものについては、受入をお断りする事もあります。
(詳しくは、「受入時の管理」へ)

用途・特徴

建設発生土に固化材などを添加・混合攪拌する事により再利用可能な状態にします。

製品の用途
埋戻し材 盛土材 路床材 裏込材 宅地造成材 河川築堤材 路体材 路盤材

製品の特徴 (添加剤による製品特徴の解説です)
再生骨材によるCBR値の向上 当社コンクリートプラントから製造される再生骨材を添加することにより、
CBR値が向上します。
作業性の向上 生石灰を添加することで、土中の水分と反応し、含水比が低下し、
作業性のよい材料になります。
地盤の支持力向上 カルシウムイオンと土粒子表面の陽イオンの交換によって、
土粒子が凝集、団粒化し地盤支持力が向上します。
硬化特徴 ポゾラン反応といって、
土中のシリカやアルミナが生石灰中のカルシウムイオンと反応して硬化します。
長期にわたる安定強度 消石灰が土中の炭酸や二酸化炭素と反応(炭酸化反応)して、
長期にわたり、強度が安定します。
再掘削可能 セメント系固化材と違い、再掘削が可能です。

改良の流れ

受入段階

建設発生土が搬入されます。
処理工程1

当社コンクリートプラントにて生産した再生骨材(RC-40)を添加します。これによって、発生土の水分調整を行い、処理機能の効率があがるのと同時に、完成品のCBR値が向上します。
処理工程2

土質改良機に投入し、振動スクリーンにてふるいにかけます。
混合機へと運ばれた土砂に固化剤を添加して、混合し土質改良を行います。
処理工程3

2次ラインのスクリーンにて粒度の調整を行います。
完成

排出コンベアから排出されます
雨にぬれないように、養生します。一日経つと、養生の必要がなくなりますので、そのまま保管します。

受入時の管理

受入時の建設発生土は製品の原材料でもあります。厳重な管理が求められますので、事前報告によって得られた情報と同一でない場合は、受け入れることができませんのでご注意ください
内容物の確認 建設発生土持込み時に、事前報告によって得られた情報と同一であるかを確認し、不適当と判断されるものについては、受入を中止します。
不純物の有無確認 建設発生土持込み時に、発生土以外の不純物が混入しているかを確認し、混入している場合は、受入を中止します。
性状の確認 建設発生土持込み時に、性状を確認し、含水比の高いもの(泥状のもの)などは受入を中止する。
含水比の高いものとは、含水率が高く粒子の細微な泥状の掘削物を言います。その性状態は次の通りと定義しております。

ダンプトラックに山積みできず、またその上を人が歩けない状態。
(コーン指数が概ね200kn/u以下または、一軸圧縮強度が概ね50kn/u以下)

改良作業時の管理

改良作業前 比較的含水比が高いものについては、ストックヤードにて養生し、調整してから改良する。
事前に比較的大きな塊等については、壊しや除去するなどして、粒度を安定させておく。
土質改良機による
改良作業
排出コンベア側に装備されたコンベアスケールにより、排出土砂量を直接計測し、高精度の固化材供給システム(コンピュータ制御)により、常に安定した固化材の添加を行います。

添加量を的確に制御し安定した供給を行うために、固化材供給にはローターフィーダー方式を採用しています。

安定した固化材の供給量をコントロールするために、土砂がホッパーに投入され、センサーが土砂を感知すると設定された量の固化材が添加され、土砂補給が停止すると同時に、供給も停止します。

改良機および二次ラインの振動スクリーンにより、製品の粒度を安定させ、品質の安定を図ります。

二軸パドルミキサー方式により、高い混合効率で広範囲の土質に対応しており、高粘性土から砂質土まで幅広い原料土を改良いたします。

販売時・その他の管理

品質試験による管理 製品の品質が確認できるまでストックできる体制をとり、試験結果によりこれらを確認した製品についてのみ出荷します。
品質保持 降雨・降雪の際は、品質低下を起こさないよう改良土表面の締め固めやシートで覆うなどの管理を行います。
情報開示 お客様から、品質の確認要求があった場合、必要な試験結果を速やかに提出致します。

改良土品質基準

品質基準については、次の値を満たしていることとする
試験項目 基準(管理)値 最大粒径
締固めた土のコーン指数試験 800kN/u以上 100mm以下

品質試験内容及び試験頻度

改良土の品質管理として、下表の試験項目、試験頻度に基づき試験を実施する。
なおバックデータは試験結果として都度とりまとめる。
土質試験による確認
試験項目 JIS番号 試験頻度
土の含水比試験 JIS A 1203 概ね1000uに1回
土の液性、塑性限界試験 JIS A 1205
土の粒度試験 JIS A 1204
突き固めによる土の締固め試験 JIS A 1210
修正CBR試験 JIS A 1211
締固めた土のコーン指数試験 JIS A 1228

土質環境基準の試験(溶出試験)による確認 
試験項目 基準(管理)値  試験頻度
総水銀 0.0005mg/L以下  汚染の可能性のある土壌
もしくは概ね6ヶ月に1回    
0.01mg/L以下
セレン
砒素
カドミウム
六価クロム 0.05mg/L以下
フッ素 0.8mg/L以下
ホウ素 1mg/L以下

バナースペース

株式会社 材光工務店

〒526-0031
滋賀県長浜市八幡東町428-1

TEL 0749-62-5170
FAX 0749-63-8795